ピアジェについて

ピアジェは1874年スイスで操業を開始した、高級宝飾時計とジュエリーのブランドです。

時計師のジョルジュ・エドワール・ピアジェが、スイスのジュラ山脈、ラ・コート・オ・フェという土地に時計工房を開いたことが始まりで、それ以降ムーブメントの生産を主としてきました。

ピアジェが作りだす高性能な時計に多くのブランドから注文が入り、成長を遂げていきます。

1940年にピアジェの名称を商標登録し、その後はPiagetというブランド名が刻まれるようになります。

それまでのムーブメント製作工房から、時計ブランドとしてピアジェが始まったのでした。

1959年には初となる店舗を開き、世界的時計ブランドとして広く知られていくようになります。

さらに、薄型のエクストラフラット・ムーブメントがギネスブックに認定され、登録されるなどピアジェが持つ技術は時計の小型化に大きな貢献を果たしてきました。

60年代には世界最薄の、キャリバー12Pを発表し、ピアジェが作りだした厚みがわずか2.3mmの自動巻きムーブメントは時計のデザインの可能性の拡大に大きな影響をもたらしたのでした。

以上のように、ピアジェが時計界に与えた影響は非常に大きく、今でもピアジェの功績は語り継がれています。

ピアジェ買取ページを設けている買取業者もあるので参考になれば。

ピアジェの時計界への貢献

ピアジェはスイスで創業した時計ブランドです。

現在はジュエリーも取り扱う高級ブランドとして世界的に有名です。

多くの著名人からも愛用されており、ピアジェを身につけることがひとつのステイタスともなっています。

ピアジェは、天才時計師のジョルジュ・エドワール・ピアジェによって設立されたブランドで、高性能なムーブメントの製造会社として有名になりました。

時計の小型化や、デザイン面での可能性の拡大などに大きな貢献をし、時計の歴史にいくつもの華々しい功績を残してきました。

ピアジェが発明した数々の時計技術は、現在でもしっかりと受け継がれ、時計の未来に大きな影響力をもっています。

その他にも世界に先駆けてピアジェが行ったこととして、文字盤にターコイズ、オニキスなど、セミ・プレシャスストーンを施したジュエリーウォッチを作ったことです。

これは、高い時計技術だけではなく、デザインや創造性といった点からも時計業界にセンセーションを起こしたと言えるでしょう。

現在のピアジェのコレクションで人気が高いモデルは、アルティプラノ、ライムライト、ピアジェ・ポロなどです。

現在は、カルティエやヴァシュロン・コンスタンタン、モンブランなどと同じくリシュモングループの傘下となっています。