ルビーとサファイアの違い

ルビーは、世界中で広く愛されている宝石です。

その歴史は長く、古来より人々にお守り代わりとして親しまれてきました。

愛と情熱を表し、また血を表す赤色は、身を守る守護神として崇拝されていたのです。

そんなルビーはアジアでしか採掘されない希少性の高い宝石であります。

産地によって色合いが違い、ビジョンブラッド、鳩の血と呼ばれる最高級のルビーはミャンマーが主な産地となっています。

深い赤紫色でのビジョンブラッドはルビーの中でも特に高級です。

タイ産のルビーは黒っぽく、ビジョンブラッドに対して、ビーフブラッド、牛の血と呼ばれています。

またルビーはサファイアと比較されることがありますが、このどちらも世界4大宝石に数えられる価値のある宝石です。

実は、ルビーとサファイアは元は全く同じ鉱物です。

どちらもコランダムと呼ばれる鉱物であり、その中で赤い色合いを持つものをルビーと呼び、その他の色のものをサファイアと呼んでいます。

そのため、サファイアはピンクやブルーなど様々な色合いのものがあります。

生成される環境や内包物の違いによって、色が異なり、ルビーとサファイアの区別がされます。

このコランダムはダイヤモンドに次ぐ高い硬度を誇ります。

売却時も高値がつくことが多いのでサファイア買取のジュエリーファンルビー買取のジュエリーファンをご覧になってみてくだしあ。

ルビーの効果と歴史

ルビーは世界的にも希少性の高い宝石です。

真っ赤な色は情熱や愛、また血を表し、身を守る宝石として古来より親しまれてきました。

ラテン語ルベウス(Rubeus)、赤色という意味の言葉がその語源となっており、感じでは紅玉と書きます。

世界各国で、その昔からルビーは赤い宝石として人々と共にあったのです。

そんな赤いルビーは、情熱のシンボルとして男性が女性にプレゼントする宝石としても、広く選ばれてきました。

愛する人へプレゼントすると、愛を伝えられる効果があると信じられ、また戦いや病から身を守る効果も信じられてきました。

そんなルビーは、アジアでしか採掘されないとても希少な宝石です。

現在でもアジアの限られた地域でしかとれず、ヨーロッパを始めとした西洋の国々では、古くから神秘的なものとしても捕えられています。

アラビアンナイトの時代には、中東地方やペルシャ、インドにおいて、秘薬として用いられていたという記録もあり、神秘の宝石としてあがめられてきました。

長い歳月をかけてもその価値が変わらず、人々に愛され続けている宝石が珍しい中で、ルビーはその代表格とも言えます。

現在でもダイヤモンドに次、婚約指輪として多く選ばれる宝石です。